木村 健世

展示作品『無人駅文庫 下泉』

《設置場所》

大井川鐡道下泉駅ホーム

《作品プラン》

下泉駅にまつわる記憶、思い出、できごと──。
一見なにもない無人駅には、その周辺に住む人たちの人生や暮らしの足跡が積層しています。
目には見えないけれど。

インタビューによって集められた「駅の記憶」それぞれを一編の小説として捉え、
そのあらすじを記した「無人駅文庫 文庫目録」を駅のホームに置く。
そのページをめくるときに浮かび上がり、再生されるシーンは
あなたに、どんな駅の風景を見せてくれるでしょうか。

※無人駅文庫 文庫目録はお一人一冊ずつお持ち帰りになれます。

木村 健世 (Takeyo Kimura)

 2001年アートユニット「フタボンコ」を結成、以降「まち」にさまざまなプログラムを挿入し、場を様々な角度から見つめながら「まちづくり一歩手前の行為としてのアート」を多数手がける。

 2008年より個人名義で活動。近年は人の暮らしが紡ぐストーリーを聞き取りによって集め、場を文庫として捉える作品を展開している。

《CV》

  • 多摩美術大学建築科 卒業

《略歴》

2001「ある視点」(東京都渋谷区 代官山インスタレーション)
2003「ある視点・十日町編」(新潟県十日町市 越後妻有アートトリエンナーレ)
2005-2006「ココにある日常、ソコにある思い出・山口さんちの思い出」(山口県山口市 山口情報芸術センター/山口市広域)
2006「あなたのあかり」(新潟県十日町市 越後妻有アートトリエンナーレ)
2007「赤坂文庫」(東京都港区赤坂広域およびTBS社屋)
2008「Park ON AIR」(東京都杉並区 トロールの森2008)
2009「Earth ON AIR」(新潟県新潟市 水と土の芸術祭)
2010「墨東文庫」(東京都墨田区 墨東まち見世)
2012「墨東文庫Ⅱ」(東京都墨田区 墨東まち見世)
2013-2015「国立文庫」(東京都国立市広域)
2018-「無人駅文庫」シリーズ(UNMANNED無人駅の芸術祭)

《その他》

  • 代官山インスタレーション2001グランプリ受賞

《過去作品》